プログラマーはアルバイトからでも正社員で就職できます。

何も知らにない状態で正社員で就職すると、辞めてしまう可能性が高いです。

それは、残業の多さや、仕事の量など精神的にプレッシャーになってしまうからです。

今回は、プログラマーはアルバイトから始めるべき理由を紹介していきます。

プログラマーの世界はキツイ

プログラマーは、世間からしてみればかっこいい、今どき、金持ちなど意見があります。

それは、ごく一部なのです。

実力が出てきて、アプリ開発ができて世の中でヒットできれば、一気に金持ちになれるかもしれません。

ですが、一般的にはできないことが多いです。

ならば、最初は就職して実力を着々とつけていかなければいけません。

では、どんなことがキツイのか具体的に紹介していきます。

残業が多い

プログラマを含めIT業界は、残業時間が多いことで有名です。

なぜなら人手不足になっているからです。

仕事が次から次へと入ってきて、クライアントとの納期もあるので終わらせなければいけません。

終われないことが多く、残業になってやってしまう・・・

でも、終われば次の仕事の納期が迫っていることの繰り返しで休む鵜暇がないのです。

残業続きで、精神的・肉体的に疲れて辞めていってしまう人が多いのです。

一人で考えなければいけない

仕事前には、ミーティングをして誰かどの仕事を担当するか役割分担を決めます。

そこからは、一人で仕事をしていきます。

分からないことがあって、聞いても別の仕事をしているので答えることができません。

とにかく、一人で考えて解決にしていかなければ、仕事がたまっていくことになります。

コミュニケーション

パソコンと向き合って仕事をすることが多いですが、仕事の傍らお客様との商談や打ち合わせすることがあります。

その時は、コミュニケーションをしないと任せられなくなってしまいます。

話す時と話さなくてもいい時のメリハリも付けていかなければいけません。

また、職場人も適度なコミュニケーションが取れないと、人間関係が崩れることにもなります。

アルバイトからでも正社員になれる

紹介したように、プログラマーの世界は仕事内容や環境がキツイです。

プレッシャーになって辞めていってしまうことも多いです。

人手不足なので、正社員でも就職できやすい職種ではあります。

ですが、何も知らない業界やっていくのはしんどいかもしれません。

アルバイトであれば、正社員のように残業続きや難しい仕事をすることも少なくて、精神的に楽だといえません。

また、実力社会なので、実力が認められればアルバイトから正社員になることもできます。

むしろ、そのようにする人も増えています。

まずは、自分に合っている仕事なのか、できそうか様子を見るためにもアルバイトから始めてみることもオススメですよ。