プログラマーの仕事はかなり難しいといえます。

言語があわせて一つのものが出来上がります。

敏腕プログラマ―になるには、複数の言語を覚えなくてはいけません。

今回は、敏腕プログラマーの難しさや方法に迫っていきます。

プログラマーもピンからキリまでいる

プログラマーの仕事は、ピンからキリまであります。

というのも、プログラマーが仕事で使う言語はたくさんあります。

c言語やJAXA、PHP、C++・・・

などがあります。

これらの一つ一つの言語は複雑で、覚えて仕事に活かすことはかなり難易度が高くといわれています。

事実、プログラマーの人は言語をすべて覚えて、仕事をしていることではないのです。

いつとの言語も覚えて、仕事をしている場合が多いです。

それを一人一人が、違う言語を覚えて仕事をするからこそ、一つの仕事が出来上がるのです。

だから、仕事をする前と後には、打ち合わせをして仕事の状況や役割分担をこと細かく決めておく必要があるのです。

プログラマーは、紹介したように一つの言語に対して一つの仕事ができるというわけです。

しかし、一人が2、3言語覚えていえば、それだけ仕事の幅が広がるわけです。

さらに、それだけできることが実力差が生まれ、仕事量が増えていくからスキルアップも期待できますね。

プログラマーの平均年収は、350万円〜500万円くらいといわれています。

一般的な平均年収か、やや高いくらいかもしれません。

でも、プログラマーはスキルが高くなっていけば、年収も高くなっていきやすい職業の一つであります。

それには、紹介しているように仕事の幅を広げるために、多くの言語を習得して言ったほうがいいですよ。

敏腕プログラマーになるには

プログラマーと敏腕プログラマーの違いは、できる仕事量にあります。

では、複数習得した言語を活かすことができるとか言うことです。

プログラマーを含めたIT関連会社は、大手の企業があって、手が負えなくなった仕事を下請け会社に振っていきます。

だから、下請け会社にいると同じような仕事しかできなくなり、仮に他の仕事をやりたいと思ってもできないことが多いのです。

スキルアップを望みたいなら、大本の大企業に就職して、スキルを磨いていくことが必要です。

大企業であれば、業務の幅広く携わっています。

あなたの努力次第で、スキルを伸ばして実力差をつけて、敏腕プログラマーになれるチャンスは十分になります。

それか、会社から独立して、お世話になっているクライアントから仕事をもらったり、自らソフトウェアの開発に力を入れることですかね。

全て一人でやらないといけないので、スキルも相当ついて敏腕プログラマーになれるはずです。

実力差はここだといえるのは、大企業に勤めるか、フリーランスとして仕事をするかです。

まとめ

プログラマーは、言語がたくさんあり一つの言語を覚えて仕事をするがだけでも大変

敏腕プログラマーになるには、下請け会社では難しい

大企業、フリーランスで働いてスキルアップすることが実力差は、ここだといえる