プログラマーでは英語を使う

プログラマーは、一つ一つ言語を組み込んだり、読ませたりすることでシステムを動かします。

言語が一つでもずれていたり、スペルミスや間違った表記をしてしまうとエラーが起こって動かなくなります。

その言語は英語で書かれています。

ですので、英語がわかっていたら何が書かれているか、どのように書いていけばいいのかが理解しやすくなります。

分からないとなると、英語を調べながら仕事をすることになりますので時間が相当かかってしまいます。

というのも、プログラマーの仕事量か多いので、調べもってやっていたら終わらないことが多いです。

仕事をやりながら覚えることはできますが、スピードがあまりにも遅ければ必要なしといわれてしまうこともよくあります。

参考書やネットなどをググれば、プログラムはたくさん書かれているので、スキル一緒にオン¥ぼ得たほうがいいですね。

英語をすべてわかることはありませんが、基礎から応用までできているほうがいいですね。

英語力をつけるならTOEIC

英語力をつけるならTOEICを勉強することをお勧めします。

なぜなら、国際的に標準を合わせたテストだからです。

英語検定よりかはTOEICを持っていたほうがいいですね。

というのも、簡単に作られていますしときやすいからです。

日本人に合わせた問題なっていて、級で分かれていますよね。

資格は持っているけど、会話ができるかと言われるとできない人も多いのです。

それをあって、英語力があるかどうか評価しにくいのです。

一方で、TOEICは得点で分かれていますし、国際標準に合わせています。

満点が990点なので900点くらいはほしいところです。

実践的な英語を学ぶことができるんです。

プログラムは前述のように、全部といっていいほど英語で書かれているので、単語はわかるくらいというくらいよりも会話ができて説明できる力は必要ですね。

聞かれた時も、素早く答えられるように勉強しておきましょう。

さらにはプロジェクションを任されて、発表するときなんかは英語ではほとんど話しますね。

日本語で話すことがまれなくらいです。

ですのでTOEICをとることで、会話ができて書くこともできるので説明しやすいのです。

参考書やネットの教材も多くありますので、勉強もしやすいと思います。

プログラマーの知識と、英語力は必要なのでできればTOEICがあると就職してからが効率よく仕事をすることができますよ。