フリーランスでやっているスキルが必要

プログラマの世界は、キツイと有名な話です。

まず就職するとなったら、下請け会社に入ることが一般的です。

下請け会社は、大本企業から仕事を振ってもらっている形になります。

ですから、雑用はもちろんのこと、プログラマーの仕事は、プログラムの組み込んで、バグがなく正常に動くはどうか確かめることです。

一つでも、バクが発生してしまうと動かなく、エラー表示が出てしまいます。

仕事の指示が、すべて記載されていることはなく自分で考えて、「どのように組み込んだらいいのか」「改善すれが動くか」先を読んで仕事をしなければいけません。

これらの仕事に時間をかけてしまうと、時間がかかってしまって残業続きになります。

残業なく帰れる人はほとんどいなくて、深夜や徹夜になってしまう人も多いのです。

そのために、疲れやストレスが溜まって、うつになって辞めていく人が多くいます。

だから、プログラマーの世界は、人材不足になってしまっているのです。

会社に就職すると、仕方がないことなのです。

フリーランスとして働くのだったら、まずは就職してスキルを身に付けたほうがいいですね。

実力をつけることで、フリーランスとして働いて行くことができます。

フリーランスの魅力とは

会社に勤めないで、フリーランスとして働くと全部自分でやることになりますが、いいこと尽くしなのです。

スキルがあれば、独立して働く人が多いですね。

時間が有効活用できる

フリーランスであれば、通勤時間、勤務時間の縛りがなくなります。

寝坊しても誰にも迷惑かけることがありませんからね。

自分のペースで仕事をすることができ、家で行うことで無駄な時間を極力省くことができますよ。

どこでもできる

当たり前の話ですけど、会社員だと会社に行かないと仕事ができません。

しかし、フリーランスだとパソコン一つあれば、どこでもすることができます。

例えば、海外旅行に行ったり遠出しても、環境が整っていればできますよ。

給料が全て自分のもの

会社員だと、自分でどれだけ大きな功績をあげて、利益が出ても会社の間に入ることで、手元に入るお金は変わりません。

ボーナスとして、上積みするくらい損している気分です。

フリーランスは、自分で稼いだら全て自分のお金に入るので、稼げる人は断然こっちのほうがいいとなりますよね。

だから、実力がある人はフリーランスとしてやっていくのではないでしょうか?

あなたも、スキルがあって自分で稼げると思ったら、フリーランスとして働いたほうが魅力だと思いませんか?