あなたは、プログラマーの平均月収はそれくらいだと思いますか?

高い給料と思っている人も結構います。

しかし、平均は20~30万とごく一般的な月収なんです。

今回は、プログラマーの月収のこと、給料をアップする方法に迫っていきます。

プログラマーの平均月収は?

プログラマ―の平均月収は20万から多くても30万くらいです。

思ったより高くないと思った方もいるかもしれませんね。

プログラマーなどクリエイター関連の仕事の流れは、大本会社から下請け会社に仕事を振っています。

これは、大本会社だけでは仕事が片付けることができないために、細かな仕事を振っているのです。

だから、プログラムの動作チェック、プログラマーの設計などをひたすらやっていくことになるのです。

このような仕事を全部下請け会社に振ってくるから、仕事が山のようになっていくのです。

それを安い賃金で取っているから、稼げるお金も限界があります。

また、仕事が終わらないこともあって徹夜続き、家に帰れないこともざらにあるのです。

自分のしたいようなことができないことが多いのです。

かといって最初から、大本の会社に就職できるかというと無理があります。

最初は、下請けのプログラマーで就職して苦労を重ねて、ステップアップしていく方法が無難ですよ。

下請けだと、年収でも上限1000万円以上は難しいといわれています。

給料を上げる方法

経験を積んだら、稼げぐことができる職業の一つがプログラマーです。

では、稼いでいくには主に2つあります。

大企業に就職する

大企業に就職すると、自社でソフトウェアの開発していることもあり、管理することも増えてスキルアップにつながります。

さらには、給料もスキルにお応じてアップしていくといった感じになります。

下請け会社との給料の差には開きがあり、1000万以上稼ぐことも可能ですよ。

フリーランスで稼ぐ

もう一つの選択肢として、独立してフリーランスとして稼ぐことができます。

これまでの、クライアントとの付き合いから仕事をもらうことで、稼ぐことができるとそのまま収入源になるのです。

または、独自でソフトウェアの開発をして販売して売ることもできます。

いずれにしても、管理の知識と技量が必要なので、下請け会社で働く経験が必要になると思います。

だから、最初は20~30万の給料から始めることが無難ですね。

大変かとは思いますが、それが将来的にステップすることにつながっていきますよ。