プログラムの年収は350~500万円

プログラマーのイメージで多く行かれるのが給料が高いということです。

ですが現実は平均年収は350~500万円となっています。

この年収を見てあなたはどう思いましたか?

おそらく、高くもないけど決して低くもないと感じ人が多くいます。

それは、間違いかもしれません。

確かに年収としては、ほかの職業と同じくらいか少し高いくらいだと思います。

しかし年収は、高い低いだけで見るのではなく仕事量を見たほうがいいかもしれません。

例えば、年収が250万くらいでも一日の労働時間が定時に終わり残業が全くなしならば低いとは言えません。

しかし、500万もらっていても毎日のように夜遅くまで残業続きで休日も返上して働かいといけないとなると発給と言えますよね。

その典型が、IT業界さらに言えばプログラマーの職業と言えます。

薄給で働かなければいけない環境がある

プログラマーが、薄給で働かざる負えないことには環境が原因のことが考えられます。

それは、仕事量に対して見合った給料が支払われていないことです。

残業が多い

プログラマーは、システムの組み込んで、エラーの確認、動作チェック、メールチェックなどの雑用などに分かれます。

プログラムは、言語が一つ一つ組み込まれて動いています。

一つでもずれてしまうとエラーが起きてシステムが動かなくなります。

そのエラーを直している間にも、新たに仕事が増えていって残業となってしまうのです。

その残業も、会社にとって違いますがみなし残業や裁量労働制を取っていることが多くいくらはたら他としても給料は同じになるのです。

納期が常に迫っている

仕事には、納期がありますよね。

仕事理は、次から次へどんどん増えていきます。

納期は、ある程度の期間はあるのですが、仕事が増える事で納期に間に合わなくなります。

ですが、納期に遅れることは許されないので、前述のように残業をして納期が常に迫っている状態になるのです。

人材不足

残業が多い、仕事量が増えることで、精神的にマヒしてしまう人がいます。

そして、会社に出勤できない、うつ状態になっていって辞めてしまうことが多いのです。

だから、人材不足になって少ない人数になって悪循環になってしまうのです。

未経験でも就職できるのですが、結局長く続けられる人が少ないのが現状なのです・・・

覚えることが多い

IT業界は、変動が激しい業界です。

日々、新しい知識や技術が増えていきます。

仕事をこなしつつ、覚えなければ取り残されえてしまうのです。

プログラマーは、仕事に難しさ・仕事量・新しい知識を覚えなけれんばいけないことで薄給で働かざる負えない状況になっているのです。