あなたは、どんな働き方もしたいですか?

正社員として働いていきたいと思い人も多いはずです。

しかし、責任感が重かったり、プレッシャーから辞めていく人もいます。

今回は、プログラマーとして代表的な働き方のメリット・デメリットを紹介していきます。

プログラマとして働いていくには

プログラマーは、かっこいいや収入がある、今はやりの職種というイメージが多いです。

しかし、現実はひたすらパソコンの前で仕事をします。

そしてシステムの開発したり、プログラムの動作チェックや組み込んだりします。

多くの言語を使って仕事をするために、分からないことや知らないことができます。

IT業界の中でも、頭の回転の考えることが求められる仕事なのです。

仮に、一つでも言語が違えば動かなくなり、見つけること時間がかかり、最初からやることもあります。

仕事が出来上がるまでに、多くの時間を要することになるので残業は当たり前、深夜や徹夜なんてこともよく聞く話です。

多くは、入ってもその過酷さについて聞けずに挫折して辞めてしまう人がいます。

それは正社員であることも原因なのです。

働き方にもいろいろある

プログラマーとして働いていくには、さまざまな働き方を知っておくといいですよ。

代表的な働き方を紹介していきます。

正社員

まずは正社員は安定した働く方です。

そのため、責任感が重く難しい仕事を押し付けられたり、派遣やアルバイトの人ができなかった残った仕事も正社員がするハメになります。

だから仕事が増えていくために、残業が増えていくことになるのです。

そのために、住宅手当、家族手当や資格手当などがついて多少なりとも給料が高くなります。

賞与や昇給もあって、プログラマーは実力社会なのでスキルを伸ばしていけば給料アップが期待できます。

派遣社員

契約期間を決められて、派遣会社を通していくことになります。

時給制が一般的で、保険はつくもののボーナスや初級はありません。

残業代も高くつくので、あまりしなくていい負担の少ない働き方です。

契約延長は、会社と本人の合意があればできますし、あなたの実績を評価してもらって正社員で採用されることもありますよ。

アルバイト社員

会社にアルバイトとして雇われます。

時給制で給料が低く、働く人と日数によっては保険が付かないことがあります。

会社の中では、一番立場が低いために簡単な仕事や、楽な仕事も任されることがあります。

プレッシャーを感じることなく、本来の力を発揮できる人もいます。

認めれば少しずつ仕事を任してもらえますし、アルバイトから始めて正社員で採用されることも多くあります。

始めてIT業界に、正社員で就職したい気持ちは分かります。

しかし紹介したように、実力社会なのでアルバイトから正社員で就職することもできます。

逆に、正社員でも仕事が遅かったり、即戦力として兆しが見えなかったらすぐに切り捨てられることもあります。

どの働き方が自分には合うか考えて、就職したほうがうまくいくと思いますよ。