あなたは、どのようにして就職先を探してますか?

プログラマーは、そこにいっても厳しい世界には変わりありません。

ですが、ハローワークで探すよりかは就職支援サービスを使ってみることをオススメします。

今回は、プログラマーの現状やハローワークで探す危険性に迫っていきます。

プログラマーの業界は厳しい

IT業界を含めたプログラマーの世界は、厳しいと最初に言っておきます。

というのも、最初は下請け会社に就職することが多いです。

下請け会社では、残業時間が長いです。

一つ一つの仕事が難しく常に考えて自分で解決しなければいけません。

そうするうちに、仕事がどんどん溜まっていって残業が増えていくのです。

上司や先輩は、別の仕事が忙しいために聞く時間がありません。

ノルマや環境が過酷すぎて、就職したのはいいけど続かなくて辞めていく人も多いのです。

だから、人手不足に陥っているので、未経験でも就職できる業界なのです。

続くかどうかは別にして・・・

だからといって、どこまで受けているとブラック企業に就職する羽目になります。

就職する時に、ハローワークから探す人が多いです。

ハローワークが探さないほうがいい

ハローワークは、国が運営していて求人費な無料なので、企業が求人を出しやすいのです。

なので、求人の多さは申し分ないですが、探すことに危険があります。

ブラック企業が多い

求人情報があっても、ハローワークの職員は基本的にチェックしません。

求職者から、指定されたらチェックするかもしれない程度です。

だから、就職してから勤務条件や福利厚生が違っていることが多いです。

面接のときに、確認すればいいのですが聞きにくいですからね。

働きだして、人がすぐに辞めていく・パワハラが多い・休ませてくれないなどブラック企業の典型が当たってしまうのです。

サポートがない

ハローワークは、サポート体制がほぼありません。

ですから、書類の書き方や面接に不安があっても、自分で何とかっしないといけません。

やってもらうことは可能ですが、形式ぽかったりしてサポートしてもらえたとは思えないのです。

聞いても、適当に促されてしまうこともあります。

まあ、親身になってくれる職員もいますがごく一部かと思います。

ハローワークで探すとなると、就職支援サービスがオススメです。

就職支援サービスがオススメ

就職支援サービスは、ハローワークと違って一人一人のコンサルタントがついて、正社員で就職できるようにサポートしてくれます。

求人は、スタッフが職場に訪問して厳しいチェック項目をクリアしたものしか取り扱っていません。

就職相談から、職探し、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまでサポートしてもらえます。

プログラマ―の世界は、どこでも厳しいですがその中でも、安して働ける職場に就職できる可能性が高くなります。

もちろん、不安なことや気になることはスタッフに聞けば、代行して企業に聞いてもらえるので安心ですよ。

ブラック企業やサポート体制が整っていないハローワークで探さないほうがいいです。

未経験でプログラマーという業界だからこそ、コンサルタントがあなたの強い味方になってくれると思うのでぜひ使ってみてくださいね。