あなたは、プログラマーになろうとしていますか?

プログラマーは人手不足で、未経験でも就職できやすい職種ではあります。

しかし、若い年齢から目指す必要があります。

今回は、プログラマーに就職してやっていくために知っておくべき情報を紹介していきます。

未経験からでも始められる理由

プログラマーは、未経験からでも採用してくれる企業が多いです。

それは、プログラマーに関わらずIT業界が人手不足になっているからです。

IT業界でやっていくには、コミュニケーション能力も必要ですが、スキルが求められます。

特にプログラマーは、パソコンに常に向かって行う職業です。

だから考えなければいけないですし、イメージ発想力や達成するなどもいります。

なによりも、根性の問題があります。

常に分からないことに当たりますし、聞く人もいません。

それは、役割分担が決まって一人一人やっていることが違うからです。

解決して仕事もこなしていかないと、たまっていく一方です。

だから、残業がかなり多くなっていきます。

収入アップが期待できる

残業が多く、家に帰れない・徹夜することもあります。

これが原因で辞めてしまう人が多いので、人手不足になってしまいます。

最初は下請け会社くらいしか入れません。

下請け会社は、大本会社から仕事をもらってやっているわけです。

プラグラミングの構築や動作チェックな主な仕事になります。

これがやけに時間がっかかってしまい、一つの言語を間違えるだけでも動かなくなります。

そうすると、仕事がどんどん溜まってしまいます。

しかも、プログラマーというと稼げるイメージがあるかもしれません。

下請け会社では、低い給料でやっている人がほとんどです。

そこで経験を積んで、スキルアップすれば引き抜きや大手企業に転職することができます。

給料もぐんと上がりますので、やる気にもつながりますよね。

下請け会社で、踏ん張って根性強く続けていくことができると、収入アップが期待できます。

できるだけ早く就職する

プログラマーが一人前になるのかは、平均で10年くらいかかってしまいます。

他の職種よりも、圧倒的な時間がかかります。

ですので、プログラマ―になりたいのであれば、できるだけ早く就職することが大切です。

いくら、人手不足といっても30代を過ぎてくれば、難しくなります。

即戦力になるまでの時間を待ってもらえないからです。

だから、未経験だと20代前半のくらいから就職して、着々とスキルアップしていかなければいけないのです。