求人票を見ていると、Web計・エンジニア系の求人を多く見ることがあります。

エンジニアの代表格がプログラマーです。

未経験OK、学歴不問と書かれています。

そのとおりで、就職したいと思えば比較的就職できやすい職業でもあります。

就職できないと片っ端なら受けていれば、エンジニアはにたどり着いたなんて話もよく耳にします。

面接官も、「未経験からでも始められるますよ」「わからないことがあっても教えますよ」等言って私でもできるのかなと就職してしまいます。

これはちょっと危険かも知れないのです。

というのも求人に多く出てるのは、人が集まらないからです。

もっと言えば、就職者はいるけどすぐにやめてしまうからです。

それはプログラマーの業界を知らないからです。

プログラマーはイケてる、稼げるといったイメージを持っている人がいます。

始めからお金は稼げると思いますよね。

プログラマの世界は稼げる人もいれば、稼げない人もいるピンキリです。

確かに求人票を見ても、月収25~40万円くらいででしている企業が多いです。

でも気をつけて欲しいのは、その中には残業代が含まれているケースが多いのです。

そうなんです、残業が多いから給料を少しだけ上げているのです。

プログラマーとして働いている人のほとんどは毎日のように残業をしているのです。

残業が深夜、徹夜になることも多いのです。

へたすら、家に帰れないで会社でも寝泊まりして、起きたらまた仕事の日々なのです。

これが続くことで精神的にダメになって、うつ状態になってしまうこともあるのです。

一人前のプログラマーになるには、苦労を兼ね寝て乗り越えたことが必要なのです。

この方も未経験からプログラマカレッジにて就職を決めたようですが、やっぱり大変だったようですよ。

面接で、未経験からでもできるというのは人手不足を解消するための決まり文句でもあるのです。

常に新しい知識と技術を身につけていかなければならず、一人で解決してこくと必要です。

教えてもらえるなんて甘い考えて、就職してしまうと必ずと言っていいほど苦労してしまいます。

プログラマーと経験を積んでいって、大手企業に転職したり・フリーランスとして独立して働くことができれば高額に稼ぐことができます。

それは、ひとにぎりです。

プログラマーといっても稼げる人は稼げない人もいてピンキリなのです。

努力すればその稼げる位置にたどり付けるかもしれません。

それはやってみないとわかりません。

挑戦する価値は大いにあります。

ますは、ピンキリの世界なのでお金だけで稼げると決め付けないで、この記事も参考してもらえると幸いです。

厳しい世界ということは間違いないのでしょう。