プログラマーはコミュニティサイトも活用するべき

プログラマーの世界はキツイ

プログラマーは、未経験や学歴がなくても比較的簡単に就職することができます。

大きな理由の一つが、人材不足になっています。

だからこそ、経験者でなくてもどうにか人材確保するために就職しやすくなっているのです。

なぜ、人材不足になってしまうかというと仕事の難しさに追い付いていけないことがあります。

プログラムは、一つ一つの言語によってシステムを動かしているのです。

そして身近なパソコンやテレビ、電子レンジ、洗濯機など電化製品があります。

システムが組み込まれていて、認識することで動いているのです。

これからもわかるように、プログラマは複雑で精密であります。

一つでも言語が違っていたらエラー表示になり動かなくなります。

難しさがあることで、未経験であればわからないことも多いのです。

仕事がたまっていけば、納期があるので間に合わさないといけません。

そうすると、残業になってしまい深夜になり、家に帰れないことも多いのです。

上司や先輩に聞くことはできない場合が多いのです。

というのも、別の仕事を抱えており教えるどころじゃないからです。

残業続きになれば、疲れやストレスからうつになってしまって、そのまま出勤できずに辞めていくことが多いのです。

一人で考えて解決してかつスピーディさが求められるのです。

そんな厳しい、しんどい、キツイ世界なのです。

就職する前としてからだと、思っていた業界と全然違うことが多いのです。

コミュニティサイトを活用するべき

うつになってしまう前でどうにか止めていかなければいけません。

一人で抱え込んでしまって、「自分はもうダメなんだ」とあきらめることが多いのです。

その前にできることがあるはずです。

お勧めが「コミュニティサイト」です。

何もあなただけがキツイ思うになっているわけではなくて、みんなも同じなのです。

それを吐き出すことができずに、一人でため込んでしまうことでうつにになってしまうのです。

コミュニティサイトは、同じことを思っている人があるまって語り合う場所なんです。

話すことで、気持ちが落ち着いて考え方が変わることが、モチベーションになって仕事を続けていくことができることも多いようです。

また、セミナーやイベントなど参加することで意見交換ができますので、仕事に活かすことができます。

日々の仕事の合間にも、コミュニティサイトを活用していくことで、知識や技術が高まって気持ちにも余裕が出てきますよ。

今、立ち止まっているあなたにはぜひ活用するべきサービスですね。

プログラマーをするには英語は必要

プログラマーでは英語を使う

プログラマーは、一つ一つ言語を組み込んだり、読ませたりすることでシステムを動かします。

言語が一つでもずれていたり、スペルミスや間違った表記をしてしまうとエラーが起こって動かなくなります。

その言語は英語で書かれています。

ですので、英語がわかっていたら何が書かれているか、どのように書いていけばいいのかが理解しやすくなります。

分からないとなると、英語を調べながら仕事をすることになりますので時間が相当かかってしまいます。

というのも、プログラマーの仕事量か多いので、調べもってやっていたら終わらないことが多いです。

仕事をやりながら覚えることはできますが、スピードがあまりにも遅ければ必要なしといわれてしまうこともよくあります。

参考書やネットなどをググれば、プログラムはたくさん書かれているので、スキル一緒にオン¥ぼ得たほうがいいですね。

英語をすべてわかることはありませんが、基礎から応用までできているほうがいいですね。

英語力をつけるならTOEIC

英語力をつけるならTOEICを勉強することをお勧めします。

なぜなら、国際的に標準を合わせたテストだからです。

英語検定よりかはTOEICを持っていたほうがいいですね。

というのも、簡単に作られていますしときやすいからです。

日本人に合わせた問題なっていて、級で分かれていますよね。

資格は持っているけど、会話ができるかと言われるとできない人も多いのです。

それをあって、英語力があるかどうか評価しにくいのです。

一方で、TOEICは得点で分かれていますし、国際標準に合わせています。

満点が990点なので900点くらいはほしいところです。

実践的な英語を学ぶことができるんです。

プログラムは前述のように、全部といっていいほど英語で書かれているので、単語はわかるくらいというくらいよりも会話ができて説明できる力は必要ですね。

聞かれた時も、素早く答えられるように勉強しておきましょう。

さらにはプロジェクションを任されて、発表するときなんかは英語ではほとんど話しますね。

日本語で話すことがまれなくらいです。

ですのでTOEICをとることで、会話ができて書くこともできるので説明しやすいのです。

参考書やネットの教材も多くありますので、勉強もしやすいと思います。

プログラマーの知識と、英語力は必要なのでできればTOEICがあると就職してからが効率よく仕事をすることができますよ。

プログラマーといってもピンキリ

求人票を見ていると、Web計・エンジニア系の求人を多く見ることがあります。

エンジニアの代表格がプログラマーです。

未経験OK、学歴不問と書かれています。

そのとおりで、就職したいと思えば比較的就職できやすい職業でもあります。

就職できないと片っ端なら受けていれば、エンジニアはにたどり着いたなんて話もよく耳にします。

面接官も、「未経験からでも始められるますよ」「わからないことがあっても教えますよ」等言って私でもできるのかなと就職してしまいます。

これはちょっと危険かも知れないのです。

というのも求人に多く出てるのは、人が集まらないからです。

もっと言えば、就職者はいるけどすぐにやめてしまうからです。

それはプログラマーの業界を知らないからです。

プログラマーはイケてる、稼げるといったイメージを持っている人がいます。

始めからお金は稼げると思いますよね。

プログラマの世界は稼げる人もいれば、稼げない人もいるピンキリです。

確かに求人票を見ても、月収25~40万円くらいででしている企業が多いです。

でも気をつけて欲しいのは、その中には残業代が含まれているケースが多いのです。

そうなんです、残業が多いから給料を少しだけ上げているのです。

プログラマーとして働いている人のほとんどは毎日のように残業をしているのです。

残業が深夜、徹夜になることも多いのです。

へたすら、家に帰れないで会社でも寝泊まりして、起きたらまた仕事の日々なのです。

これが続くことで精神的にダメになって、うつ状態になってしまうこともあるのです。

一人前のプログラマーになるには、苦労を兼ね寝て乗り越えたことが必要なのです。

この方も未経験からプログラマカレッジにて就職を決めたようですが、やっぱり大変だったようですよ。

面接で、未経験からでもできるというのは人手不足を解消するための決まり文句でもあるのです。

常に新しい知識と技術を身につけていかなければならず、一人で解決してこくと必要です。

教えてもらえるなんて甘い考えて、就職してしまうと必ずと言っていいほど苦労してしまいます。

プログラマーと経験を積んでいって、大手企業に転職したり・フリーランスとして独立して働くことができれば高額に稼ぐことができます。

それは、ひとにぎりです。

プログラマーといっても稼げる人は稼げない人もいてピンキリなのです。

努力すればその稼げる位置にたどり付けるかもしれません。

それはやってみないとわかりません。

挑戦する価値は大いにあります。

ますは、ピンキリの世界なのでお金だけで稼げると決め付けないで、この記事も参考してもらえると幸いです。

厳しい世界ということは間違いないのでしょう。

プログラマーの派遣は時給どれくらい

プログラマーの時給は平均で1,600~2,000円と言われています。

ほかの職種の平均時給が1300円でありますから、ちょっと高めという印象を受けますね。

プログラマーの場合、派遣で働いたほうがいいかも

プログラマーの世界は、就職しても続かないことが多いのです。

それは求められるスキルが高いからです。

プログラマーは、C、C++、JAVA、PHPなど言語を使って、読み込ませて動かすことをしています。

もし、一つでも言語がくるってしまうとエラー表示になって動かなくなります。

そうなると仕事がどんどん重なって、残業になってしまうのです。

よくあるのが、残業が深夜になったり徹夜になって家に帰れなくて会社で寝泊まりしたということです。

残業なるのは、一人で全部考えなければいけないことにあります。

一人一人振り当てられる仕事があって、わからなくてもなんと貸して自分で考えて解決することが必要になります。

なので解決できなければ、帰宅できないような状態にもなってしまうのです。

さらには、休日出勤してでも終わらけなければいけないことにもなってしまいます。

プログラマーの残業は、ほとんどが見なし残業として給料の一部に入っていることが多いのです。

だから、どれだけ働いたとしても給料は変わらないことにもなってしまうのです。

就職しても、日々の疲れやストレスからうつ状態になって続かない人も多くいます。

正社員であれば、安定した生活が保障されますがプログラマーはなおさらしんどい思いをすることがあります。

派遣で働いてみることもありかも

派遣だと、契約期間しか働くことはできませんが実力が認められれば契約延長あるいは正社員雇用してもらえることもあります。

さらには、派遣だと決まった時間働くことができます。

残業になるにしても、契約で決まられた時間しか働くことができないので残業になることはありません。

さらには冒頭でも述べましたが、時給だと平均で1,600~2,000円と高いので派遣のほうがいいかもしれません。

もちろん健康保険や国民年金といった社会保険に加入することはできます。

正社員との違いは、生活が安定しているかどうか違いはあります。

正社員だからと言って安心ではなくて、プログラマーは世界は実力社会なので、実力がなければ解雇になることはよくある話です。

派遣でも、実力が認められると正社員になることはこちらもよくある話です。

残業がないため、プレッシャーも感じなく本来の実力を出せることもあります。

なので時給が高い派遣から始めてみることもお勧めですよ。

プログラマーは薄給で働かなければいけない

プログラムの年収は350~500万円

プログラマーのイメージで多く行かれるのが給料が高いということです。

ですが現実は平均年収は350~500万円となっています。

この年収を見てあなたはどう思いましたか?

おそらく、高くもないけど決して低くもないと感じ人が多くいます。

それは、間違いかもしれません。

確かに年収としては、ほかの職業と同じくらいか少し高いくらいだと思います。

しかし年収は、高い低いだけで見るのではなく仕事量を見たほうがいいかもしれません。

例えば、年収が250万くらいでも一日の労働時間が定時に終わり残業が全くなしならば低いとは言えません。

しかし、500万もらっていても毎日のように夜遅くまで残業続きで休日も返上して働かいといけないとなると発給と言えますよね。

その典型が、IT業界さらに言えばプログラマーの職業と言えます。

薄給で働かなければいけない環境がある

プログラマーが、薄給で働かざる負えないことには環境が原因のことが考えられます。

それは、仕事量に対して見合った給料が支払われていないことです。

残業が多い

プログラマーは、システムの組み込んで、エラーの確認、動作チェック、メールチェックなどの雑用などに分かれます。

プログラムは、言語が一つ一つ組み込まれて動いています。

一つでもずれてしまうとエラーが起きてシステムが動かなくなります。

そのエラーを直している間にも、新たに仕事が増えていって残業となってしまうのです。

その残業も、会社にとって違いますがみなし残業や裁量労働制を取っていることが多くいくらはたら他としても給料は同じになるのです。

納期が常に迫っている

仕事には、納期がありますよね。

仕事理は、次から次へどんどん増えていきます。

納期は、ある程度の期間はあるのですが、仕事が増える事で納期に間に合わなくなります。

ですが、納期に遅れることは許されないので、前述のように残業をして納期が常に迫っている状態になるのです。

人材不足

残業が多い、仕事量が増えることで、精神的にマヒしてしまう人がいます。

そして、会社に出勤できない、うつ状態になっていって辞めてしまうことが多いのです。

だから、人材不足になって少ない人数になって悪循環になってしまうのです。

未経験でも就職できるのですが、結局長く続けられる人が少ないのが現状なのです・・・

覚えることが多い

IT業界は、変動が激しい業界です。

日々、新しい知識や技術が増えていきます。

仕事をこなしつつ、覚えなければ取り残されえてしまうのです。

プログラマーは、仕事に難しさ・仕事量・新しい知識を覚えなけれんばいけないことで薄給で働かざる負えない状況になっているのです。

プログラマーの派遣は単価いくら

最初あまりもらえないかも

ぷぷろるまーの世界にどんなイメージを持っていますか?

恐らくたくさんもらっている、すぐ稼げる、今どきの働き方という方も多いのではないのでしょうか?

ですが、そこまで行くのにはかなりの努力をして、ごく一部の人しか行けないことを知っておいてほしいのです。

プログラマーが就職できるのは、最初は下請け会社です。

下請け会社は、大本の会社があり手が回らないから、下請けに仕事を振っているのです。

だからやっかいな仕事を地道にしていくしかないのです・

給料も最初は少ないのが暫時つです。

残業は毎日のように続いて、深夜あるいは徹夜になることもしばしばあります。

さらには、人材不足や一人一人やっている仕事が違っていることもあり、聞く人がいません。

自分で考えて、対応していくしかないのです。

効率が悪いと、おのずと残業が増えていってしまうのです。

下請けなので給料は350~500万くらいといわれています。

割に合わないという人も多いみたいで、転職する人が多くなります。

ですが、最初のうちは下請けで我慢して経験を積んでいくから、最初のうちはあまりもらえないのです。

派遣のプログラマー

実力をつけていけば、かなり稼ぐことができます。

稼げるイメージは、そこをピックアップしてみているからそう見えているのですね。

転職しても、正社員だとやはり残業は多いです。

むしろ、実力が付けばできる仕事を増えていくので、スピードは速くなっていってもその分仕事量は増えていくっことがあります。

だから結局のところ正社員は、仕事量と給料が割に合わないという人も出てきます。

ですから、給料のことを考えると派遣という働きからを一つの選択肢にいます。

派遣は、ご存知のように時給単価です。

派遣として派遣先企業で働くので話し合いがあります。

実力を考慮して、時給単価を決めていくので高給料を稼ぐこともできるのです。

相場は、月給40~60万くらいといわれています。

スキルアップが必要

派遣は、正社員よりも稼ぐことができることが分かったと思います。

ですが、紹介したように最初は下請け会社で力を付けて、そこからスキルアップをしていかなくてはいけません。

高給稼ぐには、スキルアップが必須ということですね。

最初は、しんどい・ツライ職業かもしれませんが、実力さえ身に付けていけば稼げる職業の一つです。

プログラマーの派遣の単価は、40~60万と高く稼ぐには、日々努力していくことが求めらますね。

プログラマーがフリーランスとして働く魅力とは

フリーランスでやっているスキルが必要

プログラマの世界は、キツイと有名な話です。

まず就職するとなったら、下請け会社に入ることが一般的です。

下請け会社は、大本企業から仕事を振ってもらっている形になります。

ですから、雑用はもちろんのこと、プログラマーの仕事は、プログラムの組み込んで、バグがなく正常に動くはどうか確かめることです。

一つでも、バクが発生してしまうと動かなく、エラー表示が出てしまいます。

仕事の指示が、すべて記載されていることはなく自分で考えて、「どのように組み込んだらいいのか」「改善すれが動くか」先を読んで仕事をしなければいけません。

これらの仕事に時間をかけてしまうと、時間がかかってしまって残業続きになります。

残業なく帰れる人はほとんどいなくて、深夜や徹夜になってしまう人も多いのです。

そのために、疲れやストレスが溜まって、うつになって辞めていく人が多くいます。

だから、プログラマーの世界は、人材不足になってしまっているのです。

会社に就職すると、仕方がないことなのです。

フリーランスとして働くのだったら、まずは就職してスキルを身に付けたほうがいいですね。

実力をつけることで、フリーランスとして働いて行くことができます。

フリーランスの魅力とは

会社に勤めないで、フリーランスとして働くと全部自分でやることになりますが、いいこと尽くしなのです。

スキルがあれば、独立して働く人が多いですね。

時間が有効活用できる

フリーランスであれば、通勤時間、勤務時間の縛りがなくなります。

寝坊しても誰にも迷惑かけることがありませんからね。

自分のペースで仕事をすることができ、家で行うことで無駄な時間を極力省くことができますよ。

どこでもできる

当たり前の話ですけど、会社員だと会社に行かないと仕事ができません。

しかし、フリーランスだとパソコン一つあれば、どこでもすることができます。

例えば、海外旅行に行ったり遠出しても、環境が整っていればできますよ。

給料が全て自分のもの

会社員だと、自分でどれだけ大きな功績をあげて、利益が出ても会社の間に入ることで、手元に入るお金は変わりません。

ボーナスとして、上積みするくらい損している気分です。

フリーランスは、自分で稼いだら全て自分のお金に入るので、稼げる人は断然こっちのほうがいいとなりますよね。

だから、実力がある人はフリーランスとしてやっていくのではないでしょうか?

あなたも、スキルがあって自分で稼げると思ったら、フリーランスとして働いたほうが魅力だと思いませんか?

未経験からでもプログラマーになれた手順とは?

最近では、プログラマーになりたいっていう人も多いです。

高収入で、かっこいいイメージがあるし世間からの評判も良いイメージがあります。

プログラマーになるためには、未経験でも就職できますが、学校に行ったり通信講座を受けたりと費用が高くなりますよね。

独学でも勉強することは可能ですが、何から手を付けたらいいのか、どうやって勉強していけばいいのか分からない…ことも多いと思います。

結局、プログラマーになりたい気持ちはあるのですが、あきらめてしまうのです。

ですが無料で勉強できて就職までのサポートがあるって聞いたら受けたいと思いませんか?

その要望に応えてくれるサービスがあるんです。

未経験からプログラマーになれた理由

それはプログラマーカレッジというサービスを利用したからです。

未経験やフリーター・既卒の方、また転職を考えている方でも一から教えてもらうことでプログラマーの基礎から実践で活かせる応用まで身に付けることができるんです。

しかも授業では、常に二人の講師体制では現役のプログラマーの講師から授業を受けることができて、分からないことが出てきたらサポートの講師に聞くことができます。

また制作物を通して学べることで、着実に知識と技術を高めていけますよ。

授業パターンは、3パターンがあって平日5日間を使って集中して行うコース、仕事帰りの夜間を週3日活用するコース、遠方で通学できない方にはSkypeで基礎だけ教えてもらって独学をする個別コースがあります。

未経験だったけど、就職してからも困らない応用までできた、アプリ開発までできるようになったという口コミがあります。

また、分からなかったけど丁寧に教えてもらえた口コミもあって、未経験でも不安に思うことはありませんよ。
授業が終了すると、コンサルタントの方があなたに合った求人を探してもらえます。

ビジネスマナーや面接対策、面接日時の調整、条件の交渉、就職後のフォローまでありますよ。

紹介してもらえる求人は、プログラマーカレッジのスタッフが企業訪問して、調査しているので優良企業ばかり取り扱っていますよ。

丁寧にサポートしてもらえたので、安心できた、やりたかった仕事ができてうれしいなどの口コミが多数あります。

最初から授業を受けることに不安があれなら、無料体験があります。

他にもインターン制度を活用することで、人間関係や職場の雰囲気をわかったうえで就職することができますね。

尚、もっと具体的なプログラマーカレッジの体験談が知りたいなら、以下のサイトがオススメです。

http://acwic.org/

わかりやすい情報と、多くの口コミ、体験談が集まっていて読みやすいですよ。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

 

ハローワークでプログラマーを探さないほうがいい

あなたは、どのようにして就職先を探してますか?

プログラマーは、そこにいっても厳しい世界には変わりありません。

ですが、ハローワークで探すよりかは就職支援サービスを使ってみることをオススメします。

今回は、プログラマーの現状やハローワークで探す危険性に迫っていきます。

プログラマーの業界は厳しい

IT業界を含めたプログラマーの世界は、厳しいと最初に言っておきます。

というのも、最初は下請け会社に就職することが多いです。

下請け会社では、残業時間が長いです。

一つ一つの仕事が難しく常に考えて自分で解決しなければいけません。

そうするうちに、仕事がどんどん溜まっていって残業が増えていくのです。

上司や先輩は、別の仕事が忙しいために聞く時間がありません。

ノルマや環境が過酷すぎて、就職したのはいいけど続かなくて辞めていく人も多いのです。

だから、人手不足に陥っているので、未経験でも就職できる業界なのです。

続くかどうかは別にして・・・

だからといって、どこまで受けているとブラック企業に就職する羽目になります。

就職する時に、ハローワークから探す人が多いです。

ハローワークが探さないほうがいい

ハローワークは、国が運営していて求人費な無料なので、企業が求人を出しやすいのです。

なので、求人の多さは申し分ないですが、探すことに危険があります。

ブラック企業が多い

求人情報があっても、ハローワークの職員は基本的にチェックしません。

求職者から、指定されたらチェックするかもしれない程度です。

だから、就職してから勤務条件や福利厚生が違っていることが多いです。

面接のときに、確認すればいいのですが聞きにくいですからね。

働きだして、人がすぐに辞めていく・パワハラが多い・休ませてくれないなどブラック企業の典型が当たってしまうのです。

サポートがない

ハローワークは、サポート体制がほぼありません。

ですから、書類の書き方や面接に不安があっても、自分で何とかっしないといけません。

やってもらうことは可能ですが、形式ぽかったりしてサポートしてもらえたとは思えないのです。

聞いても、適当に促されてしまうこともあります。

まあ、親身になってくれる職員もいますがごく一部かと思います。

ハローワークで探すとなると、就職支援サービスがオススメです。

就職支援サービスがオススメ

就職支援サービスは、ハローワークと違って一人一人のコンサルタントがついて、正社員で就職できるようにサポートしてくれます。

求人は、スタッフが職場に訪問して厳しいチェック項目をクリアしたものしか取り扱っていません。

就職相談から、職探し、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまでサポートしてもらえます。

プログラマ―の世界は、どこでも厳しいですがその中でも、安して働ける職場に就職できる可能性が高くなります。

もちろん、不安なことや気になることはスタッフに聞けば、代行して企業に聞いてもらえるので安心ですよ。

ブラック企業やサポート体制が整っていないハローワークで探さないほうがいいです。

未経験でプログラマーという業界だからこそ、コンサルタントがあなたの強い味方になってくれると思うのでぜひ使ってみてくださいね。

プログラマーはバイトから始めるのがオススメ

プログラマーはアルバイトからでも正社員で就職できます。

何も知らにない状態で正社員で就職すると、辞めてしまう可能性が高いです。

それは、残業の多さや、仕事の量など精神的にプレッシャーになってしまうからです。

今回は、プログラマーはアルバイトから始めるべき理由を紹介していきます。

プログラマーの世界はキツイ

プログラマーは、世間からしてみればかっこいい、今どき、金持ちなど意見があります。

それは、ごく一部なのです。

実力が出てきて、アプリ開発ができて世の中でヒットできれば、一気に金持ちになれるかもしれません。

ですが、一般的にはできないことが多いです。

ならば、最初は就職して実力を着々とつけていかなければいけません。

では、どんなことがキツイのか具体的に紹介していきます。

残業が多い

プログラマを含めIT業界は、残業時間が多いことで有名です。

なぜなら人手不足になっているからです。

仕事が次から次へと入ってきて、クライアントとの納期もあるので終わらせなければいけません。

終われないことが多く、残業になってやってしまう・・・

でも、終われば次の仕事の納期が迫っていることの繰り返しで休む鵜暇がないのです。

残業続きで、精神的・肉体的に疲れて辞めていってしまう人が多いのです。

一人で考えなければいけない

仕事前には、ミーティングをして誰かどの仕事を担当するか役割分担を決めます。

そこからは、一人で仕事をしていきます。

分からないことがあって、聞いても別の仕事をしているので答えることができません。

とにかく、一人で考えて解決にしていかなければ、仕事がたまっていくことになります。

コミュニケーション

パソコンと向き合って仕事をすることが多いですが、仕事の傍らお客様との商談や打ち合わせすることがあります。

その時は、コミュニケーションをしないと任せられなくなってしまいます。

話す時と話さなくてもいい時のメリハリも付けていかなければいけません。

また、職場人も適度なコミュニケーションが取れないと、人間関係が崩れることにもなります。

アルバイトからでも正社員になれる

紹介したように、プログラマーの世界は仕事内容や環境がキツイです。

プレッシャーになって辞めていってしまうことも多いです。

人手不足なので、正社員でも就職できやすい職種ではあります。

ですが、何も知らない業界やっていくのはしんどいかもしれません。

アルバイトであれば、正社員のように残業続きや難しい仕事をすることも少なくて、精神的に楽だといえません。

また、実力社会なので、実力が認められればアルバイトから正社員になることもできます。

むしろ、そのようにする人も増えています。

まずは、自分に合っている仕事なのか、できそうか様子を見るためにもアルバイトから始めてみることもオススメですよ。

プログラマーの働き方にもいろいろある

あなたは、どんな働き方もしたいですか?

正社員として働いていきたいと思い人も多いはずです。

しかし、責任感が重かったり、プレッシャーから辞めていく人もいます。

今回は、プログラマーとして代表的な働き方のメリット・デメリットを紹介していきます。

プログラマとして働いていくには

プログラマーは、かっこいいや収入がある、今はやりの職種というイメージが多いです。

しかし、現実はひたすらパソコンの前で仕事をします。

そしてシステムの開発したり、プログラムの動作チェックや組み込んだりします。

多くの言語を使って仕事をするために、分からないことや知らないことができます。

IT業界の中でも、頭の回転の考えることが求められる仕事なのです。

仮に、一つでも言語が違えば動かなくなり、見つけること時間がかかり、最初からやることもあります。

仕事が出来上がるまでに、多くの時間を要することになるので残業は当たり前、深夜や徹夜なんてこともよく聞く話です。

多くは、入ってもその過酷さについて聞けずに挫折して辞めてしまう人がいます。

それは正社員であることも原因なのです。

働き方にもいろいろある

プログラマーとして働いていくには、さまざまな働き方を知っておくといいですよ。

代表的な働き方を紹介していきます。

正社員

まずは正社員は安定した働く方です。

そのため、責任感が重く難しい仕事を押し付けられたり、派遣やアルバイトの人ができなかった残った仕事も正社員がするハメになります。

だから仕事が増えていくために、残業が増えていくことになるのです。

そのために、住宅手当、家族手当や資格手当などがついて多少なりとも給料が高くなります。

賞与や昇給もあって、プログラマーは実力社会なのでスキルを伸ばしていけば給料アップが期待できます。

派遣社員

契約期間を決められて、派遣会社を通していくことになります。

時給制が一般的で、保険はつくもののボーナスや初級はありません。

残業代も高くつくので、あまりしなくていい負担の少ない働き方です。

契約延長は、会社と本人の合意があればできますし、あなたの実績を評価してもらって正社員で採用されることもありますよ。

アルバイト社員

会社にアルバイトとして雇われます。

時給制で給料が低く、働く人と日数によっては保険が付かないことがあります。

会社の中では、一番立場が低いために簡単な仕事や、楽な仕事も任されることがあります。

プレッシャーを感じることなく、本来の力を発揮できる人もいます。

認めれば少しずつ仕事を任してもらえますし、アルバイトから始めて正社員で採用されることも多くあります。

始めてIT業界に、正社員で就職したい気持ちは分かります。

しかし紹介したように、実力社会なのでアルバイトから正社員で就職することもできます。

逆に、正社員でも仕事が遅かったり、即戦力として兆しが見えなかったらすぐに切り捨てられることもあります。

どの働き方が自分には合うか考えて、就職したほうがうまくいくと思いますよ。

プログラマーになるには大学にいったほうがいい

あなたは、プログラマーになるために大学に行きますか?

大学は専門的知識知識を学べるので行ったほうがいいです。

しかし、就職できる年齢は遅くなることを理解しておかなければいけません。

今回は、プログラマーになるために大学に行く理由や求められることを紹介していきます。

大学に行ったほうがいい

大学は、専門的な知識や資格を取るために行くところです。

プラグラムに授業は、高校までは専門的にやってもらえるところは少ないです。

だから、大学に専門的に学んで就職したほうがいいです。

IT業界は変動が激しいので、新しい知識な技術が必要になります。

そのためには、無知な状態で入るよりも大学で基礎的なことだけでも学んでおくと就職してから楽になるかもしれません。

基礎があることは大きな違いとなります。

プログラマーは、人材不足の業界で未経験でも就職しやすい業界の一つです。

ですが、やっていることが難しくて、ついていけなくなったりしてうつになる人も多いです。

だからある程度の知識はあったほうが、イメージができやすくなります。

そのために、プログラマーになるために大学に行ったほうがいいのです。

その一方で、プログラマーで一人前になるには、10年以上はかかります。

大学に行くと年を重ねてしまって、社会経験の実践に入るまでに時間がかかってしまいます。

勉強するのと、経験を積みながら勉強していくのでは、社会に出てやっていくほうが最初は分からなくても成長する人もいます。

大学に行くからには、知識は身に付くがその分就職する時期は遅くなることを理解していたほうがいいですね。

プログラマーとしてやっていくには

大学で知識を学んでも、紹介したように常に新しい知識や技術は覚えていかなければいけません。

知識があるだけに、最初は楽になっていくかもしれませんがそこから努力を怠れば、ついていくなくなることは十分考えられます。

プログラマーに必要なことは、根気強くやっていくことです。

大学に行って知識を学んだのであれば、そこは問題ないかもしれませんが・・・

分からないなりに、自分で考えていかないと仕事が片付きません。

職場の人は、別の作業をしていることが多く、聞いたりしても分からないことが多いです。

だからこそ、一人でなるべく早く問題を解決していくことが必要です。

仕事がたまっていって、毎日夜遅くまでの残業になることになります。

つまりプログラマーとしての知識を身に付けるために大学に行くことはいいですが、キャリアを年齢は遅くなるkとも考えていたほうがいいですね。

プログラマーは未経験から始められる

あなたは、プログラマーになろうとしていますか?

プログラマーは人手不足で、未経験でも就職できやすい職種ではあります。

しかし、若い年齢から目指す必要があります。

今回は、プログラマーに就職してやっていくために知っておくべき情報を紹介していきます。

未経験からでも始められる理由

プログラマーは、未経験からでも採用してくれる企業が多いです。

それは、プログラマーに関わらずIT業界が人手不足になっているからです。

IT業界でやっていくには、コミュニケーション能力も必要ですが、スキルが求められます。

特にプログラマーは、パソコンに常に向かって行う職業です。

だから考えなければいけないですし、イメージ発想力や達成するなどもいります。

なによりも、根性の問題があります。

常に分からないことに当たりますし、聞く人もいません。

それは、役割分担が決まって一人一人やっていることが違うからです。

解決して仕事もこなしていかないと、たまっていく一方です。

だから、残業がかなり多くなっていきます。

収入アップが期待できる

残業が多く、家に帰れない・徹夜することもあります。

これが原因で辞めてしまう人が多いので、人手不足になってしまいます。

最初は下請け会社くらいしか入れません。

下請け会社は、大本会社から仕事をもらってやっているわけです。

プラグラミングの構築や動作チェックな主な仕事になります。

これがやけに時間がっかかってしまい、一つの言語を間違えるだけでも動かなくなります。

そうすると、仕事がどんどん溜まってしまいます。

しかも、プログラマーというと稼げるイメージがあるかもしれません。

下請け会社では、低い給料でやっている人がほとんどです。

そこで経験を積んで、スキルアップすれば引き抜きや大手企業に転職することができます。

給料もぐんと上がりますので、やる気にもつながりますよね。

下請け会社で、踏ん張って根性強く続けていくことができると、収入アップが期待できます。

できるだけ早く就職する

プログラマーが一人前になるのかは、平均で10年くらいかかってしまいます。

他の職種よりも、圧倒的な時間がかかります。

ですので、プログラマ―になりたいのであれば、できるだけ早く就職することが大切です。

いくら、人手不足といっても30代を過ぎてくれば、難しくなります。

即戦力になるまでの時間を待ってもらえないからです。

だから、未経験だと20代前半のくらいから就職して、着々とスキルアップしていかなければいけないのです。

知ってほしい!!プログラマーに求められる資質

あなたがプログラマーになろうとしていますか?

だとすると、知っててほしいことがいくつかあります。

紹介する求められる資質がなければ、辞めてしまうことになります。

今回は、プログラマーに求められる資質や理由に迫っていきます。

プログラマーになるにあったって

プログラマーは、常にパソコンに向かって仕事をしているイメージがありますよね。

だから、かなり考えながら仕事をしなければいけない部分があります。

打ち合わせをすることはありますが、一人で黙々仕事をやります。

分からないことがあっても、自分で解決しなければなりません。

聞こうと思っても、相手も忙しくすぎて聞けそうな雰囲気ではなく、取り残されてしまいます。

時間になってできなかったとしても、助けてもらえるとは思わないことあ必要なのです。

しかも、プログラマーは一人一人やっている作業違う場合が多く、聞いても分からないことがあるのです。

このように、一人で仕事ができる人が前提となります。

プログラマーに求められる資質

一人で黙々作業することが前提として、そのために求められる能力がいくつかあります。

結構、就職して合わないから辞めてしまう人も多く、就職前に見極めることが必要です。

ですから、紹介することがあなたに合っているか参考にしてくださいね。

向上心

紹介したように、これが一番必要かもしれません。

プログラマーがいるIT業界は、日々新しいことが覚えていかないと、追いつけなくなります。

だから、常に自分を成長させようとするこうじょうしんがないといけません。

初めてのことは分からないことが多いかもしれませんが、それでも前向きに突き進んでいくことが求められるのです。

でなければ、ずっと取る残されて行きますよ。

素直さ

いくら一人で黙々できるとは言っても、仕事を分担しているわけです。

だから、相手の意見も受け入れて自分の考えも加えていくことが大事なのです。

一人で何でもかんでもやってしまうと、ミスにつながってしまいます。

素直さがなければ、相手からも嫌がることもあって、やりにくくなるだけですよ。

根性

常に分からないことが出てくると思います。

くじけたり逃げたくもなりますが、そこが踏ん張りどころになります。

思うようにいかないことがあっても、乗り越えるための根性が必要になるのです。

「自分ならできる」という前向きな気持ちを持つことが大事なんですね。

目標を持てる

常に、分からないことと隣り合わせの職業の一つです。

そのためにも、目標を持つことで乗り越えることができるのです。

目標に向かってどうするべきか自分の中で考えて、行動していくことが成長につながっていきます。

なかったら、成長もできませんし「何のためにやっているのか」となって辞めてしまう人も多いのです。

プログラマーの平均月収はいくら?

あなたは、プログラマーの平均月収はそれくらいだと思いますか?

高い給料と思っている人も結構います。

しかし、平均は20~30万とごく一般的な月収なんです。

今回は、プログラマーの月収のこと、給料をアップする方法に迫っていきます。

プログラマーの平均月収は?

プログラマ―の平均月収は20万から多くても30万くらいです。

思ったより高くないと思った方もいるかもしれませんね。

プログラマーなどクリエイター関連の仕事の流れは、大本会社から下請け会社に仕事を振っています。

これは、大本会社だけでは仕事が片付けることができないために、細かな仕事を振っているのです。

だから、プログラムの動作チェック、プログラマーの設計などをひたすらやっていくことになるのです。

このような仕事を全部下請け会社に振ってくるから、仕事が山のようになっていくのです。

それを安い賃金で取っているから、稼げるお金も限界があります。

また、仕事が終わらないこともあって徹夜続き、家に帰れないこともざらにあるのです。

自分のしたいようなことができないことが多いのです。

かといって最初から、大本の会社に就職できるかというと無理があります。

最初は、下請けのプログラマーで就職して苦労を重ねて、ステップアップしていく方法が無難ですよ。

下請けだと、年収でも上限1000万円以上は難しいといわれています。

給料を上げる方法

経験を積んだら、稼げぐことができる職業の一つがプログラマーです。

では、稼いでいくには主に2つあります。

大企業に就職する

大企業に就職すると、自社でソフトウェアの開発していることもあり、管理することも増えてスキルアップにつながります。

さらには、給料もスキルにお応じてアップしていくといった感じになります。

下請け会社との給料の差には開きがあり、1000万以上稼ぐことも可能ですよ。

フリーランスで稼ぐ

もう一つの選択肢として、独立してフリーランスとして稼ぐことができます。

これまでの、クライアントとの付き合いから仕事をもらうことで、稼ぐことができるとそのまま収入源になるのです。

または、独自でソフトウェアの開発をして販売して売ることもできます。

いずれにしても、管理の知識と技量が必要なので、下請け会社で働く経験が必要になると思います。

だから、最初は20~30万の給料から始めることが無難ですね。

大変かとは思いますが、それが将来的にステップすることにつながっていきますよ。

敏腕プログラマーとの実力差はここだ!!

プログラマーの仕事はかなり難しいといえます。

言語があわせて一つのものが出来上がります。

敏腕プログラマ―になるには、複数の言語を覚えなくてはいけません。

今回は、敏腕プログラマーの難しさや方法に迫っていきます。

プログラマーもピンからキリまでいる

プログラマーの仕事は、ピンからキリまであります。

というのも、プログラマーが仕事で使う言語はたくさんあります。

c言語やJAXA、PHP、C++・・・

などがあります。

これらの一つ一つの言語は複雑で、覚えて仕事に活かすことはかなり難易度が高くといわれています。

事実、プログラマーの人は言語をすべて覚えて、仕事をしていることではないのです。

いつとの言語も覚えて、仕事をしている場合が多いです。

それを一人一人が、違う言語を覚えて仕事をするからこそ、一つの仕事が出来上がるのです。

だから、仕事をする前と後には、打ち合わせをして仕事の状況や役割分担をこと細かく決めておく必要があるのです。

プログラマーは、紹介したように一つの言語に対して一つの仕事ができるというわけです。

しかし、一人が2、3言語覚えていえば、それだけ仕事の幅が広がるわけです。

さらに、それだけできることが実力差が生まれ、仕事量が増えていくからスキルアップも期待できますね。

プログラマーの平均年収は、350万円〜500万円くらいといわれています。

一般的な平均年収か、やや高いくらいかもしれません。

でも、プログラマーはスキルが高くなっていけば、年収も高くなっていきやすい職業の一つであります。

それには、紹介しているように仕事の幅を広げるために、多くの言語を習得して言ったほうがいいですよ。

敏腕プログラマーになるには

プログラマーと敏腕プログラマーの違いは、できる仕事量にあります。

では、複数習得した言語を活かすことができるとか言うことです。

プログラマーを含めたIT関連会社は、大手の企業があって、手が負えなくなった仕事を下請け会社に振っていきます。

だから、下請け会社にいると同じような仕事しかできなくなり、仮に他の仕事をやりたいと思ってもできないことが多いのです。

スキルアップを望みたいなら、大本の大企業に就職して、スキルを磨いていくことが必要です。

大企業であれば、業務の幅広く携わっています。

あなたの努力次第で、スキルを伸ばして実力差をつけて、敏腕プログラマーになれるチャンスは十分になります。

それか、会社から独立して、お世話になっているクライアントから仕事をもらったり、自らソフトウェアの開発に力を入れることですかね。

全て一人でやらないといけないので、スキルも相当ついて敏腕プログラマーになれるはずです。

実力差はここだといえるのは、大企業に勤めるか、フリーランスとして仕事をするかです。

まとめ

プログラマーは、言語がたくさんあり一つの言語を覚えて仕事をするがだけでも大変

敏腕プログラマーになるには、下請け会社では難しい

大企業、フリーランスで働いてスキルアップすることが実力差は、ここだといえる

プログラマーは近い将来、仕事がなくなるのか?

あなたは、プログラマーの仕事に就こうとしていますか?

近い将来、AI(人工知能)のよってなくなるかもしれません。

だからこそ、高度なスキルが求められるのです。

今回は、プログラマーの近い将来に迫っていきます。

プログラマーの仕事はなくなるの?

プログラマーは、言語というものを用いて、チェックなどの簡単な仕事からソフトウェアの開発まで幅広くあります。

高度なスキルと知識があるからこそ、できる仕事でもあるのです。

ところが、新聞やニュースなどでもたびたび取り上げられているAI(人工知能)ロボットが開発されていますよね。

今や、私たちの生活になくてはならない身近なものになっているものンもあります。

例えば、工場やスーパーにあるセルフレジ・・・

これらは、人工知能ではないですが、ロボットの一種ですよね。

20年前だとこれらも考えられなかったですよね。

そしてこれからは、自動運転、自律型のドローンなどが開発されていきます。

生活が便利になる一方仕事が中なっていくことも事実です。

工場、営業職、ドライバーの仕事など近い将来なくなっていくといわれていますよね。

では、プログラマ―は知識がありAIではできないでしょうか?

簡単なプログラムのチェックや動作チェックなどは、AIに奪われるかもしれません。

それも10年後にはなくなるとも考えられています。

ただし、ソフトウェア開発の細かな作業であればなくなりにくいです。

それは、AIがそこまでできるかということがあるからです。

AIが人間と大きく違うのは、ミスがないということです。

人間は誰しも、気を付けていてもミスすることがありますよね。

しかし、AIは人工知能で動いているから、ミスがほとんど起こらない。

これが、AIを会社が取り入れる理由なのかもしれません。

そうなってくると、プログラマーが働ける仕事が10年後には、今よりも少なくなることは間違いありません。

高度なスキルが要求される

プログラマ―が生き残るためには、より高いスキルと知識を取り入れてることが必要なのです。

これは、全ての職業に言えることですが、人工知能に仕事を取られないようにするためにやれることです。

本当に、AIに仕事を取られるとは限りませんからね・・・

ただ、知ってほしいことはそう言うことをありゆるということです。

そうならないために、高度なスキルを習得できるように、やれることはやるといったことが大切になるのです。

近い将来、プログラマーとして生き残るためにも頑張りたいものですね・・・

まとめ

  1. プログラマーの仕事はAIに取られて、10年後にはなくなるかもしれない
  2. プログラムの簡単なチェックや動さチェックなどがなくなる可能性が高い
  3. しかし、ソフトウェアの開発といった細かな作業はなくなりにくいかもしれない
  4. だからこそ、高度なスキルが求められる
  5. プログラマーが近い将来、なくなるようにできるかはあなたの頑張り次第

 

プログラマーの年収ってどのくらいなの?

あなたは、プログラマーの年収は高いと思いますか?

賢そうな職業だから、給料も高くなると思う人も多くいます。

しかし、年収は350~500万円くらいとなります。

今回は、その年収になる理由やもっと稼ぐ方法を紹介していきます。

プログラマーの平均は、ごく一般的

プログラマーの平均年収は350万〜500万円といわれています。

それほど高くもないし、低くもない年収ですよね。

それは、下請け会社ということもあるのです。

IT関係の仕事は、大企業があって仕事が追いつかないので、下請け会社に頼むことが多いです。

それが、何重にもなって下になればなるほど、できる仕事も少なくなってしまって給料が低くなっているのです。

年間を通しての業務量によっても、年収が大きく変わってくることもあります。

忙しくなれば残業は当たり前、家に帰れなくて徹夜して仕事をする人もいます。

大本の大企業が、新たな仕事や要務の拡大などをすることでも、仕事量が変わってきます。

ですが、下請け会社がする仕事に関しては、やれる仕事が限られてしまいます。

だから、スキルアップ、年収の上積みにはなりにくいです。

そのうえ、女性は男性よりも給料が低い傾向にあります。

男性は、管理職のなる傾向が高いからです。

男性の平均年収は560万円、女性は482万円と開きがあります。

高い年収を稼ぎたいなら、大企業に行ったほうがいいってことですね。

スキルアップを望めますよ。

実力が上がっていけば、収入も高くなる職業一つといえます。

それでも、年収1000万以上はいかないことがほとんどです。

では、もっと稼ぐにはどうすればいいでしょうか?

年収を稼ぐには

大企業でも年収1000万円以上が限度です。

それよりも高い給料を稼ぐには紹介する2つの方法があります。

フリ―ランスで働く

独立して一人で稼ぐことが一つです。

フリーランスで働いて、企業と独自で契約を結んで、仕事の報酬も相談して決まられることができます。

うまくいけば高い報酬になります。

それには、これまでの実績や交渉術がないと、企業も相手にしてくれないことが多いので大変な部分でもあります。

ソフトウェアの開発をする

プログラマ―の仕事をしていくなかで、あなたがソフトウェアの開発ができたら、それを販売して稼ぐこともできます。

大企業にいれば、そのような仕事はできるかもしれませんでが、報酬は会社にもって行かれることが多いです。

だから、実力がついて自分で仕事ができると思ったら、独立するほうが高収入になるといえますね。

まとめ

  1. プログラマーの平均年収は350万円〜500万くらい
  2. 下請け会社にいると、スキルアップ・高収入は見込めないことが多い
  3. 大企業にいても、年収1000万円以上は稼げない
  4. 高い報酬を稼ぐには、フリーランスで働くほうがいい
  5. 企業と独自で契約を結んで、仕事をする
  6. もしくは、知識を活かしてソフトウェアの開発をして販売する