あなたは、プログラマーの年収は高いと思いますか?

賢そうな職業だから、給料も高くなると思う人も多くいます。

しかし、年収は350~500万円くらいとなります。

今回は、その年収になる理由やもっと稼ぐ方法を紹介していきます。

プログラマーの平均は、ごく一般的

プログラマーの平均年収は350万〜500万円といわれています。

それほど高くもないし、低くもない年収ですよね。

それは、下請け会社ということもあるのです。

IT関係の仕事は、大企業があって仕事が追いつかないので、下請け会社に頼むことが多いです。

それが、何重にもなって下になればなるほど、できる仕事も少なくなってしまって給料が低くなっているのです。

年間を通しての業務量によっても、年収が大きく変わってくることもあります。

忙しくなれば残業は当たり前、家に帰れなくて徹夜して仕事をする人もいます。

大本の大企業が、新たな仕事や要務の拡大などをすることでも、仕事量が変わってきます。

ですが、下請け会社がする仕事に関しては、やれる仕事が限られてしまいます。

だから、スキルアップ、年収の上積みにはなりにくいです。

そのうえ、女性は男性よりも給料が低い傾向にあります。

男性は、管理職のなる傾向が高いからです。

男性の平均年収は560万円、女性は482万円と開きがあります。

高い年収を稼ぎたいなら、大企業に行ったほうがいいってことですね。

スキルアップを望めますよ。

実力が上がっていけば、収入も高くなる職業一つといえます。

それでも、年収1000万以上はいかないことがほとんどです。

では、もっと稼ぐにはどうすればいいでしょうか?

年収を稼ぐには

大企業でも年収1000万円以上が限度です。

それよりも高い給料を稼ぐには紹介する2つの方法があります。

フリ―ランスで働く

独立して一人で稼ぐことが一つです。

フリーランスで働いて、企業と独自で契約を結んで、仕事の報酬も相談して決まられることができます。

うまくいけば高い報酬になります。

それには、これまでの実績や交渉術がないと、企業も相手にしてくれないことが多いので大変な部分でもあります。

ソフトウェアの開発をする

プログラマ―の仕事をしていくなかで、あなたがソフトウェアの開発ができたら、それを販売して稼ぐこともできます。

大企業にいれば、そのような仕事はできるかもしれませんでが、報酬は会社にもって行かれることが多いです。

だから、実力がついて自分で仕事ができると思ったら、独立するほうが高収入になるといえますね。

まとめ

  1. プログラマーの平均年収は350万円〜500万くらい
  2. 下請け会社にいると、スキルアップ・高収入は見込めないことが多い
  3. 大企業にいても、年収1000万円以上は稼げない
  4. 高い報酬を稼ぐには、フリーランスで働くほうがいい
  5. 企業と独自で契約を結んで、仕事をする
  6. もしくは、知識を活かしてソフトウェアの開発をして販売する