あなたは、プログラマーの仕事に就こうとしていますか?

近い将来、AI(人工知能)のよってなくなるかもしれません。

だからこそ、高度なスキルが求められるのです。

今回は、プログラマーの近い将来に迫っていきます。

プログラマーの仕事はなくなるの?

プログラマーは、言語というものを用いて、チェックなどの簡単な仕事からソフトウェアの開発まで幅広くあります。

高度なスキルと知識があるからこそ、できる仕事でもあるのです。

ところが、新聞やニュースなどでもたびたび取り上げられているAI(人工知能)ロボットが開発されていますよね。

今や、私たちの生活になくてはならない身近なものになっているものンもあります。

例えば、工場やスーパーにあるセルフレジ・・・

これらは、人工知能ではないですが、ロボットの一種ですよね。

20年前だとこれらも考えられなかったですよね。

そしてこれからは、自動運転、自律型のドローンなどが開発されていきます。

生活が便利になる一方仕事が中なっていくことも事実です。

工場、営業職、ドライバーの仕事など近い将来なくなっていくといわれていますよね。

では、プログラマ―は知識がありAIではできないでしょうか?

簡単なプログラムのチェックや動作チェックなどは、AIに奪われるかもしれません。

それも10年後にはなくなるとも考えられています。

ただし、ソフトウェア開発の細かな作業であればなくなりにくいです。

それは、AIがそこまでできるかということがあるからです。

AIが人間と大きく違うのは、ミスがないということです。

人間は誰しも、気を付けていてもミスすることがありますよね。

しかし、AIは人工知能で動いているから、ミスがほとんど起こらない。

これが、AIを会社が取り入れる理由なのかもしれません。

そうなってくると、プログラマーが働ける仕事が10年後には、今よりも少なくなることは間違いありません。

高度なスキルが要求される

プログラマ―が生き残るためには、より高いスキルと知識を取り入れてることが必要なのです。

これは、全ての職業に言えることですが、人工知能に仕事を取られないようにするためにやれることです。

本当に、AIに仕事を取られるとは限りませんからね・・・

ただ、知ってほしいことはそう言うことをありゆるということです。

そうならないために、高度なスキルを習得できるように、やれることはやるといったことが大切になるのです。

近い将来、プログラマーとして生き残るためにも頑張りたいものですね・・・

まとめ

  1. プログラマーの仕事はAIに取られて、10年後にはなくなるかもしれない
  2. プログラムの簡単なチェックや動さチェックなどがなくなる可能性が高い
  3. しかし、ソフトウェアの開発といった細かな作業はなくなりにくいかもしれない
  4. だからこそ、高度なスキルが求められる
  5. プログラマーが近い将来、なくなるようにできるかはあなたの頑張り次第